英語多読アカデミア 利用規約

第1条(適用範囲)

本約款は、英語多読アカデミア(以下、当校)が運営する外国語会話教授事業、及び、それに付随する運営業務に関して適用されます。

第2条(会員制度)

1.当校は会員制とします。
2.当校に入会される方は、本規約を同意し、これを遵守するものとします。
3.当校は、契約締結後も会費入金確認まで、会員に対し債務を負いません。

第3条(入会資格)

次の各号のいずれかに該当する方は、当校の会員になることはできません。
(1)本約款、及び、当校の諸規則を遵守することができない者
(2)契約申込を行うにあたり、身分の確認ができない者
(3)暴力団、又は、反社会的勢力関係者であると本部及び当校が判断した者
(4)その他、本部及び当校が会員としてふさわしくないと判断した者

第4条(諸規則の遵守)

1.会員は、本約款その他本部及び当校が定める規則をすべて遵守しなければなりません。
2.会員は、本部・当校が特に認めた場合を除き、レッスン中に、いかなる営利活動、ビジネス活動も行ってはいけません。
3.レッスン中に大声を発すること、他人及び特定民族・思想等を誹謗中傷すること、他のメンバー、講師、スタッフに対する嫌がらせ等の迷惑行為をすることを禁止します。

第5条(本サービスの利用期間)

1.会員が本サービスの提供を受けることができる期間(以下「利用期間」といいます)は、毎月月初から1ヶ月もしくは3ヶ月を単位とします。
2.利用期間は、利用料金を支払うことにより更新することができます。なお、利用料金の支払いは、所定の方法で支払うものとします。

第6条(登録情報の取り扱い)

1.当校は、会員の登録情報を本サービスの提供の目的にのみ利用します。
2.当校は、本サービスの提供を目的として、本サービス業務の一部を委託する第三者に対し、会員が登録した以下の情報を提供いたします。
(1)氏名
(2)メールアドレス
(3)性別
(4)生年月日
3.当校は、前項に該当する場合を除き、登録情報を会員の事前の承諾なく第三者に開示しないものとします。ただし、以下に該当する場合は、この限りではありません。
(1)法令に基づく要請を受けたとき
(2)提供を拒むことによって公共の利益に反する問題が発生する場合であって、お客様ご本人の同意を得ることが困難であるとき
(3)国の機関もしくは地方公共団体、又はその委託を受けたものが、法令の定める事務を遂行することに協力する必要がある場合であって、お客様ご本人の同意を得ることによって当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れがあるとき
(4)当校の正当な権利行使に必要なとき

第7条(サービスの停止)

1.会員は、疾病、その他やむを得ない事由で等サービスを1か月以上利用できないと当校が認めた場合は、サービスの更新を停止することができます。
2.前項の停止手続は、毎月20日までに当校への電子メールにて、手続を行うものとします。
3.当校は、サービスを停止する会員には、翌月以降特別の費用負担を求めず、また、再開する際に入会金を徴収いたしません。

第8条(退会)

1.会員が自己都合により当校を退会する場合は、事前に以下に定める期日までに当校への電子メールにて、所定の退会届により手続を行った上で、当校を退会することができます。(退会手続締切日: 退会希望月の前月20日まで、退会希望月の1日より退会扱い)
2.退会手続は、当校への電子メールにて、手続を行うものとします。
3.第1項の退会届が提出されない場合は退会扱いとなりませんので、サービスの利用がなくても利用料が発生します。
4.会費その他利用料等(以下「会費等」という)が未納の場合は、第1項の退会届の提出までに完納しなければなりません。
5.会費等は、退会が契約期間の途中であっても、これを全額支払わなければなりません。
6.会員が自己都合により会費等を1か月間滞納した場合は、強制退会とします。また滞納分については、当校が指定した方法で支払わなくてはなりません。

第9条(諸手続)

1.当校は、本サービスに関し通知する場合、会員の登録情報に登録されている電子メールアドレス(以下「指定メールアドレス」といいます)宛に行うものとし、当該通知を送信完了した時点をもって、当該通知が宛先の会員に到達したものとみなします。
2.会員は常に指定メールアドレス情報を当校からの電子メールが受信できる状態に保つものとします。
3.指定メールアドレス情報に変更等があった場合には、会員は速やかに当該変更を登録するものとし、当該変更を登録しなかったことにより会員が損害又は不利益等を被ったとしても、当校は一切の責任を負いません。。

第10条(会員資格の停止および除名)

1.当校は、会員が次の各号に該当するときは、サービスの提供状態を問わず、会員に対して事前の通知等を要せず、本サービスの利用の中止・中断・停止又は登録の取消の処分を行うことができるものとします。
(1)本約款第4条第1項に違反したとき。
(2)会員・当校従業員に対する迷惑行為、及び、当校内における宗教活動、営業活動、その当校の目的に反する行為により、当校の秩序を乱し、又は、当校の名誉・品位を著しく傷つけたとき
(3)会費その他の債務を滞納し、当校からの催告に応じないとき
(4)入会に際して当校に虚偽の申告をした、または第3条に違反していることを故意に申告しなかったと判明したとき
(5)その他、会員としてふさわしくない言動があったと当校が認めたとき
3.第1項による当校のサービス利用停止中の会員または当校から除名された会員に対しては、当校は、停止期間中又は除名後の会費について、前納分あるいは会費その他諸費用当の既払分を返還することは致しません。

第11条(資格喪失)

会員は次の場合にその資格を喪失します。
(1)退会
(2)会員の死亡又は法人の解散
(3)除名
(4)当校の運営上重大な理由により当校を閉鎖したとき

第12条(会員資格の譲渡禁止等)

当校の会員資格は、本人にのみ帰属するものとし、第三者への譲渡、売買、貸与、名義変更、質権の設定その他の担保に供する等の行為の対象とすることを禁じます。また、会員資格は、相続その他の包括承継の対象とすることはできません。

第13条(会費、手数料および利用料)

1.会費は当校が別に定める金額を、所定の方法で支払うものとします。
2.会員には、サービス利用の有無にかかわらず、本会員契約が定める諸費用を全て支払う義務を負い、利用料を支払わなければなりません。
3.会員は、本サービスの利用期間を更新する場合、当該利用月の25日までに次回利用料金を支払う必要があります。
4.本サービスの利用料金は、利用期間を3ヶ月もしくは6ヶ月単位で支払われるものとし、一度会員から当校に対し支払われた利用料金は、理由を問わず返金いたしません。ただし、当校の責めに帰すべき事由により本サービスが提供されなかった場合にはこの限りではありません。

第14条(会費、手数料および利用料等の改定)

1.当校は、別に定める会費 及び、利用料等の改定を行うことが出来ます。
2.前項の改定を行う場合、当校は1か月前までに、本約款9条2項に従い会員に告知するものとします。

第15条(営業日および営業時間)

1.当校の営業日および営業時間については、別に定めます。
2.当校は、第1項の営業日、及び、営業時間の改定を行うことが出来ます。
3.前項の改定を行う場合、当校は1か月前までに本約款9条2項に従い会員に告知するものとします。

第16条(レッスン)

1.会員は、本サービスへの登録が完了した日より無料体験版Oxfordデジタル教材を利用することができます。
2.会員は、本サービスへの登録が完了した日より、本規約を遵守する義務を負います。
3.当校は、同一人物により複数のアカウントが登録された場合、無料体験版Oxfordデジタル教材を利用する目的のみで複数回にわたりアカウントが登録された場合、その他不適切な目的でアカウントが作成されたと当校が判断した場合には、当該アカウント(不適切な目的で複数のアカウントが判明した場合は全部のアカウントとします)に対し無料体験版Oxfordデジタル教材の提供を行わないことができるものとします。
4.レッスンは、1レッスンあたり40分間とし会員最大3名のグループレッスンとします。レッスンの時間は、特段の定めがない限り、いかなる場合も変更、中断されないものとします。
5.受講者が1名の場合で、レッスン開始予定時刻から15分が経過するまでに、当校又は当該レッスンを担当する講師(以下「担当講師」といいます)からの問いかけに応答するか否かにかかわらず、レッスンを開始することができない場合、当校は、会員がレッスンを欠席したものとみなし、当該レッスンを終了することができるものとします。
6.当校は、会員がレッスンの無断欠席を繰り返し行った場合、会員に対して、警告、改善指示等を行うことができるものとします。
7.当校は、理由の如何にかかわらず、レッスンの欠席および予約・受講されなかったレッスンに対する補填、補償、繰越等は一切行いません。
5.会員は、Zoomのみを利用するものとし、当校は、会員がZoom以外を利用したことによるレッスンの不成立その他の損害について、補填、補償等は一切行いません。
6.担当講師の責に帰すべき事由によりレッスン時間が10分以上短縮された場合、振替レッスンを補填します。なお、帰責事由の有無については当校の合理的な判断に基づくものとします。
7.本レッスンでは通話料無料のZoomとOxfordデジタル教材を使用します。“パソコンとタブレット”または“タブレットとスマホ”など2種類以上の端末が必要になります

第17条(Zoomの利用)

本サービスは、Zoomが提供するサービスを利用して提供されます。会員は、Zoomの利用に際し、下記の内容について同意するものとします。
(1)Zoomの提示する各規約、ガイドラインを遵守すること。
(2)本サービスの利用前までにZoomをダウンロード、インストールし、機能等について確認すること。
(3)Zoomのダウンロード、インストール、設定、使用等について、すべて自己の責任と費用において行うこと。
(4)レッスン開始後に発生したZoomの機能の不具合等について、当校が一切責任を負わないこと。
(5)Zoomのチャット機能などを通じて講師から送られてきたファイルを受信する場合又は当ウェブ以外のURLを開く場合、すべて自己の責任で行うこと。
(6)Zoomが提供するサービスに関する相談、問い合わせ等について、当校が一切対応する義務を負わないこと。
(7)不定期にレッスンを録画することがあります。これは講師のトレーニングのためとし、会員の事前の承諾なく第三者に開示しないものとします。
(8)ZoomルームURLはレッスン毎に変更されます。各会員の多読記録シートにて会員に告知するものとします。

 

第18条(休業)

当校は次の理由によりサービスの全部、又は、一部を休業することがあります。
(1)Zoomの障害、国内外の政治情勢・自然災害等、提供するサーバー等の障害・メンテナンス等、又はその他やむを得ない事由により本サービスの提供が困難な場合
(2)講師在住国における祝祭日(ホーリーウィーク、クリスマス等)などを理由とする場合
1.当校は年間96回(月8回×12ヶ月)のレッスンを行うものとし、前項を理由とした、月の提供レッスン数(8回)の減少がある場合には、前後の月に振り分けて年間合計96回のレッスンを行うものとします。
なお、契約月にによっては提供レッスン数の減少が伴なうことがありますが、返金等の対応は行わないものとし、会員はこれらに予め同意するものとします。
2.当校は、本サービスの変更、中断又は終了により、会員又は第三者が被ったいかなる不利益、損害についても責任を負わないものとします。
(3)その他等当校が休業を必要と認めるとき

第19条(サービスの閉鎖・変更)

当校は次の理由により、サービスの全部、又は、一部を閉鎖・変更することがあります。
(1)気象・災害等により、営業を不可能と認めたとき
(2)法令の制定、改廃、行政指導、社会経済情勢の著しい変化、その他止むを得ざる事由が発生したとき

第20条(免責事項)

会員は、下記の各条項に定める事項に起因又は関連して生じた一切の損害について、当校がいかなる賠償責任も負わないことに予め同意します。
(1)本サービスの利用に際し、以下の事由により、満足な利用ができなかった場合
①講師在住国での停電や通信障害等によりレッスンを中止せざるを得なかった場合。ただし、講師側の原因でレッスンが10分以上短くなった場合には、振替レッスンを補填するものとします。
②会員のメッセージやデータへの不正アクセスや不正な改変、その他第三者の不正行為に起因する場合
(2)本サービス、本サービスにて提供されるレッスンの学習効果や有効性、正確性、真実性等
(3)本サービスに関連して当校が紹介・推奨する他社のサービスや教材等の効果や有効性並びに安全性や正確性等
(4)当校が推奨する利用環境外での本サービスの利用に起因又は関連する場合
(5)Zoom又は当校の提携先企業が提供するサービスの不具合、トラブル等により本サービスが利用できなかった場合
(6)本規約第17条5号に従い、会員の自己責任で受信した、又は、開いたファイル等が原因となりウィルス感染などの損害が発生した場合
(7)会員の過失によるパスワード等の紛失又は使用不能により本サービスが利用できなかった場合
(8)当ウェブで提供するすべての情報、リンク先等の完全性、正確性、最新性、安全性等
(9)当ウェブから、又は当ウェブへリンクしている当校以外の第三者が運営するウェブサイトの内容やその利用等
(10)多読記録シートのデータ抹消

第21条(解散)

1.当校は止むを得ざる事由が発生した場合、1か月前の予告をすることにより当校を解散することができます。
2.解散の事由が天災地変、公権力の命令、強制その他不可抗力である場合には、前項の予告期間を短縮することができます。
3.当校の解散の場合、当校は会員に対し、法令の定める手続のほか、特別の補償は行いません。

第22条(本規約その他の諸規則の改定)

本部、及び、当校は、本規約、細則、利用規定、レッスン・サービス内容、管理に関する事項を改定することができます。また、その効力は全ての会員に適用されます。

第23条(通知予告)

本規約、及び、当校の諸事情に関する通知、又は、予告は、本約款9条2項に従い会員に通知するとともに、当校ウェブサイトに提示する方法により行います。

第24条(適用法および専属的合意管轄裁判所)

この会員規約に関する準拠法は、日本法とします。会員と本部、及び、当校の間で契約に関する紛争が生じた場合、東京地方裁判所を当該訴訟の第一審専属的合意裁判所とします。

2019年2月25日適用