デジタル教材コース

一周年記念特別価格!
コース使用料が最大50%OFF

  • Oxford社の朗読音源付き・段階別図書、900冊読み放題(1ヶ月から利用可能)
  • 多読学習のやり方を学べるオリエンテーション動画のプレゼント!
  • 多読図書の語彙数、累計語数を自動計算してくれるオンライン多読シートプレゼント!
  • 月4回、多読コーチによるセッション無料提供
    *多読セッションは、学習者のモチベーション維持のための交流の場になります。
    多読コーチがファシリテーターとなり、多読学習についての疑問などにもお答えします。

格安で多読学習を実現!

英語多読学習とは、文字通りたくさんの本を読んでいきながら英語力をつけていく学習法です。

多読学習法については国内外問わず多くの研究が進んでおり、高い成果をもたらすことは証明されているものの、なぜ一般的に広がっていなのか、不思議に思う方もいらっしゃると思います。

この最大の理由として「費用」の問題がありますー

多読学習においては、「段階別図書」というものを使用して進めていきますが、この「段階別図書」というものがとにかく高い。

多読初期は、数分程度で読み終わる多読図書を、何十冊・何百冊とどんどん読む必要がありますが、本代だけで15万以上かかるのが普通です。
多読を実際にやられた経験のある方は、このくらいのお金をかけて多読図書をを揃えた方もいらっしゃると思います。

しかしそこまで揃えられる家庭は一握り。
英語教室や学校も例外ではありません。
教室で多読を始めるにあたり1,000冊くらいの図書は最低必要になりますが、個人の教室でここまで揃えるのは至難なの業。
多読学習をを導入している中学校、高校でさえ、1家庭100円-200円集めて、数年かけて多読図書をやっとそろえている状況です。

このように、初期投資のハードルが高すぎるため、やりたくてもできないというの現状です。

こういう背景から、多読初期の費用をできる限り抑えるべく、900冊もの段階別図書をデジタル教材にて格安でご提供する流れとなりました。

多読用図書についてもっとみる>>

スマホ一つでいつでも学習可能

本を揃えたはいいものの、実は「本の持ち運び」問題も課題としてあがってきます。
多読初期は短い本を大量に読み込んでいくため、外で読む場合はまとまった冊数を持ち運ぶ必要があります。
また、多読初期は多聴も積極的に取り入れていきますが、大量の朗読CDをメディアプレイヤーに落としたりと大変手間がかかるものです。

それが、デジタル教材においては、スマホ一つあれば完結!
通勤・通学の電車の中、お昼休みや習い事の合間など、隙間時間にいつでも朗読音源を聞きながら本を読むことができます。

この利便性の良さから、本プログラムの受講者様の読書量は驚くほど高く、より早い学習効果を実現しています。


多様なレベルをご用意

Oxford reading tree, Oxford read and imagine, Dominoes, Bookwormsなど、英語力初心者のお子様から洋書をスラスラ読める大人まで、レベルに合わせてご利用いただけます。