オンライン多読レッスンコースの特徴

多読を通じて高い英語力をつけるためには、大きく2点の要素を押さえる必要があります。

♦まずは十分な「読書量」を確保すること
多読が軌道に乗るまで、早くて1年・平均2年~3年かかるといわれいますがこの間は継続的に読み続けていくことが求められます。

そこで大切になるのが日々の読書を中断しない仕組み
本プログラムでは、受講期間の継続学習を実現できるよう3つの戦略を取り入れております。

Ⅰ 1週間に2回のレッスン
学習ゼロの期間が4日続くと90%の人が復帰できないというデータがあります。
そのために3,4日に1回レッスンを受講いただきながら、脱落リスクを最小限に食い止めます。

Ⅱ グループレッスン形式を採用
グループレッスンを採用することで、受講生間の刺激が相乗効果となりやる気が格段に上がっていきます。
また固定制のグループのためリラックスした雰囲気で楽しみながら学びを深められます。

Ⅲ 日英多読コーチによるサポート
プロの英語多読コーチがペースメーカーとなり、受講者様と一緒にゴールを目指して伴走していきます。

 

次に大切なのが「理解度」
いくら英文をたくさん読んでも、理解度が伴わないまま読み進めているのではその効果を期待できません。
そこで本プログラムでは、受講生にとって適切なレベルの本を理解しながら進められるよう、たくさんの仕掛けを施しています。

例えば、グループレッスンで毎回行うBook talk。
受講生は毎回読んだ本の紹介をしますが、これは読書の理解が伴わないと行うことができません。
また、レッスン中は絵本をテキストにしながらAll Englishで活発な質疑応答を重ねていきます。
その過程で受講生は英語のままストーリーを理解できるようになり、内容を頭の中でイメージできる力がどんどんついていきます。

♦結果
まずは英文の理解度が増して読むスピードがあがってきます。
また多読初期は多聴も並行して行うことで、耳から正しいイントネーション、リズムを徹底的に刷り込んでいきます。その過程で、リスニング力も飛躍的に上がっていきます。

目指すゴール

このコースでは、まず100万語を達成目標に進んでいきます。

100万語読破を1年から2年かけて達成していくのですが、英語多読研究会SSSによると、100万語を超えた時点で英語の長文に対する拒否感がほとんどなくなり、どんな文章でも大意を素早くつかめるようになることが実証されています。
併せて、英語の偏差値、英語の試験などでもその効果が顕著に表れるようにもなります。
100万語を達成すれば、多くの方が多読による成功の果実を十分享受できるようになるため、最初のゴールとして設定されました。

さらに200万語の読書を達成すれば、相当厚い英語の小説も気楽に楽しめるようになります。
200万語、300万語と進まれたい方にはもちろん受講を継続して頂けます。

英語というものは短期決戦で学びを深めても、継続できなければその力はどんどん落ちていくものです。そのため、ある程度の力が付いた後は、いかにして自らの力で英語力を伸ばし続けられるかが問われます。

このような視点から見ても、英語多読は非常に効果的なアプローチで、英語を理解し洋書を楽しめるまでくると、その後は講座に頼らずとも自らの力で英語力を伸ばしていけるようになります。

本講座では、洋書を読める英語力をつけ、試験での成果も明確になる100万語達成までの道のりを徹底サポート致します。

対象者

・小学生以上

・英語学習経験者(目安:3文字程度の英語を読めたり、基礎的な英単語を理解できるレベル)

多読コーチ

受講生一人につき、プロの多読コーチが2名つきます。
基本的に1週間に2回のレッスンでは、日本人コーチ、ネイティブコーチのレッスンを交互に受講いただきます。
ただし、初級者においては日本人コーチによるレッスンの割合が増える場合もございます。

日本人コーチ:
受講生が正しい「やり方」で多読を行っているか随時チェックし、ゴールまでの戦略立案を行っていきます。また、家での読書習慣を徹底的につけられるよう受講生を導いていきます。

ネイティブコーチ:
読んでいる洋書をどのくらい理解しているか、また、レベルが適切かを判断していきます。また、レッスン中は英語での対話、発表、発音矯正の時間も設けられており、多読と並行してスピーキング力も磨いて頂けます。

プログラムに沿って読書を行う過程で、受講生はどんどん洋書を読めるようになっていきます。
また、本の楽しさを味わえるよう設計されているため、一定ラインまで到達すると、その後は自らの力で英語力まで伸ばしていけるようにもなります。

ただし、この下地が出来上がるまで十分な学習を継続できる人はほんの一握り。
ほとんどの人が途中で挫折してしまいます。

 

そこで、英語多読アカデミアの最大の強みであるプロの多読コーチの存在。

途中で中断することなく、正しいやり方でゴールに向かって進めるよう日本人コーチ、ネイティブコーチの2名体制で皆様を徹底的にサポート致します。

 

レッスン形式と宿題

●2-3名のグループレッスン
現在は<小学生グループ>、<中高生グループ>、<大人グループ>が開校しております。

●1回40分×週2回のオンラインレッスン
受講生様がおひとりの場合はレッスン時間が30分となります。

●宿題は毎日の読書となります。(毎日15分以上)
受講生様にはオンライン多読シートが配布されますので、そこに日々の読書記録をつけて頂きます。多読シートはタイトルを入れれば自動で語彙数がカウントされるもので、コーチも随時記録をチェックしています。

レッスン例

宿題の報告 累計語彙数、読んだ本のタイトル、冊数、難易度(感想)、時間帯、合計時間
講師による本読み ネイティブ講師の読み聞かせを聞きながら、対話形式のレッスン
生徒による本読み 講師の前で本読み、その後Book talk(ひな形に沿って英語で発表)
発音チェック 一人2~3ページの音読を聞きながら、読むスピード、流れ、発音の指導
宿題確認 次回までの目標冊数、一日当たりの読書時間、タイミングについて確認

 

進捗モデル

多読プレミアムコース初級者のケース:6か月間の受講で10万語達成
2か月で100冊、6か月で300冊(ORT stage9)読破・10万語達成
YL1前後をスラスラ読めるようになり、正しい型に沿って英語で本の紹介をできるように。

多読プレミアムコース中級者のケース:1年間の受講で130万語達成
2か月で10万語、6か月で50万語読破、1年で130万語達成
読書スピードが向上、ボリュームのある本を読める読書スタミナ獲得。