Oxford社が誇る世界的に有名な多読教材

たくさんの本を読み、同じ単語に何度も触れる過程で、意味を理解し記憶を定着させる。
これが多読の一般的な学習方法です。
この方法で単語を覚えるには、記憶力にもよりますが、6回から10回は同じ単語を見る必要があります。

しかし一般的な本で同一単語が6回以上登場するのはたったの10%と言われています。
そのため、本プログラムでは同じ単語が繰り返し登場するように作られた、Oxford社の段階別教材を使用しながら多読学習を進めていきます。

多読初期の段階で導入するシリーズ【ORT】

多読の初期は、英語を外国語として学ぶ子供たちにとっては、バイブル的なリーディング・プログラムであるOxford Reading Tree(ORT)を使っていきます。
こちらはイギリスのOxford University Pressから出版されている絵本シリーズで、イギリスの80%以上もの小学校で「国語」の教科書として使われている教材です。
ORTは日本でも信頼が高く、2013年からは大阪市の公立小学校で英語教育指導用教材としても採用されました。
30年以上に渡りたくさんの子供たちに愛され、現在世界130ヶ国以上の国々で読まれている大変人気の教材です。
細かな段階に分けられ、無理なく英語力を伸ばせるよう設計されており、英語を外国語として学ぶ子供たちにとっては、バイブル的なリーディング・プログラムです。

多読10万語を超えたら読むシリーズ

本プログラムを受講いただければ、文字数が非常に少ないORTのStage1+からスタートしても、半年ほどでStage9に到達します。
読書量10万語を超えたあたりから、Dominoes, Bookwormsのシリーズに進みながらさらにステップアップを試みます。
この頃には読書スピードも理解度も格段に上がっているので、どんどん楽しみながら読書ができるようになります。

このような世界的に有名な名作も、文字数・英単語がコントロールされ作られており、無理なく読み進めることができます。
気づくと、挿絵がほとんどなく文字の小さな洋書を読めているという体験をするのもこの頃。ここまでくると自らの力で英語力を付けられる能力も十分備わってきます。

本プログラムで使用する多読教材

多読学習を行うにあたり、最も大きなハードルの一つが費用面です。
段階別図書は価格が高いため多読学習初期は教材費だけで15万円以上かかることが普通です。現に多読を行っている方の中には、このようなお金をかけて図書を揃えられた方も少なくないと思います。

そこで本プログラムでは、会員の皆様に思う存分読書をしていただけるよう、Oxford社の段階別図書900冊をデジタル教材にてご用意致しました。

デジタル教材は、パソコンやスマホ、タブレットのデバイスでお使いいただけ、900冊すべてにネイティブの朗読音声が含まれています。